リボン付きワイドパンツ(太陽のデニム)

「太陽に似合うデニム」。いつもの布屋さんでこんなキャッチコピーとともに紹介されていました。9.5オンスと少しだけ薄手のデニムはその言葉通り爽やかな色合いです。作りたいと思っていた夏に着るデニムのワイドパンツのイメージにぴったり。これはいい、これしかない。かくして布はポチッと購入され、ワイドパンツは製作されたのであります。

太陽のワイドパンツ。インドア派の私が着るものには似つかわしくないキャッチコピー。
太陽のワイドパンツ。インドア派の私が着るには似つかわしくないキャッチコピー。

ワイドパンツが好きです。小柄なので少々バランスが悪いのは分かっているのですが、口笛ふいて知らんふりして着ております。気になる下半身のあれこれをすっぽり覆い隠してくれる優秀なアイテムだと思うのですが、周りのお母さん方にお話を伺ってみると、「小柄だから無理」「袴みたいになっちゃう」「ぜんぜん着方が分からない。うんそうね、袴感がね・・・」などと、結構な勢いでネガティブな意見が出てきます。そしてみなさん、服装のバランスをとっても重視しておられ、おしゃれ意識が高い方達ばかりだと感心します。しっかり小柄なくせに口笛ふいて着ている私が自信を失いそうです。しかし、むしろ個人的には「ワイドパンツは袴みたいでカワイイ」と思っている節があります。高校時代、部活動で袴を着て薙刀を振り回していた名残でしょうか。今回製作したこのリボン付きワイドパンツは、ウエストで結ぶリボンがまさに薙刀の袴スタイルに似ている気がしてかわゆいと思ってしまいます。

袴みたいなリボン。
袴みたいなリボン。

さて、作ったらすぐに着るのが信条です。今日はあいにくの天気ですが、梅雨の合間をぬって子供たちと散歩してきました。道行くの方々の視線が(あ、袴はいている・・・)(バランス悪い・・・)と刺してくる気がしないでもありませんが、いやいや、だいたいそんな誰もこっちなんて見てないし〜と口を尖らせて音を出そうとしてみましたが、そういえば私、口笛吹けないんでした。

ポケットに手を突っ込むだけではなんだかなと思いまして、足をクロスさせてみた。
ポケットに手を突っ込むだけではなんだかなと思いまして、足をクロスさせてみた。やれやれ。
このね、リボンがね、いいんですよ袴みたいで。
このね、リボンがね、いいんですよ。袴みたいで。

もしかしたらお気づきの方がいらっしゃるかもしれません。このパンツ、冬に圧縮Wニットで製作したものと同じパターンです。気に入れば布を変えて楽しめるところは、手づくり服の醍醐味です。

投稿者: michi

服を作るのが趣味なので、素敵な布屋さんへ行くと興奮します。

「リボン付きワイドパンツ(太陽のデニム)」への2件のフィードバック

コメントを残す