春のスカート(ギャバジン)

こどもというのは無邪気だ。小学校1年生の長男と幼稚園年中の次男は、例えば明日の給食がハンバーグだったりカレーだったりデザートに苺がついていたりすると、「やったー!」と万歳三唱を三回くらい繰り返して喜び、そのあとはしばらくは、どちらの給食の方がより豪華で美味しいかを競い合っている。かわいいなと思うとともに、とても羨ましい。大人になると、日々のちょっとしたことを体いっぱいで喜べる状況というのは少ない。やるべき雑事が多すぎるのだろうか。 “春のスカート(ギャバジン)” の続きを読む