ロングカーディガン(ウールのリブ編みニット)

ここ最近、仕事の〆切に追われて全く縫いものもせず、ブログもほったらかしでした。その間にも、「コート祭り」関連で多くの方にご訪問いただいていました。ありがとうございます。黒のチェスターコート、必ず作ります。まずは素材選びからなのですが、軽くて暖かいのは譲れなくて、しかも縫いやすいものでないと困るので、なかなか決められずにおります。でもこうやって頭を抱える素材選びもまた楽しいものです。夏服用にと仕入れた布も全て仕立て終わり、秋の風が吹き始め、さてどんな秋物を縫おうかと考える時期ですが、まだ全くのノープラン。去年はどんなものを縫っていたのだろうと撮り溜めた縫いもの写真を眺めていたら、こんなものがありました。

ロングカーディガンが流行っていたので、作ってみたのでした。
ロングカーディガンが流行っていたので、作ってみたのだった。

ロングカーディガンが流行っていた去年の秋ごろ、手持ちのパターンの丈を伸ばせばロングなカーディガンになるじゃん?と思い立って作りました。ちょうど、膝丈くらいの丈です。さらっと羽織るだけで、普通のカーディガンとは違う、ちょっとおしゃれな雰囲気になるので、白シャツにデニムという超定番な格好に羽織っておしゃれなフリをしておりました。しかし、流行を眺めておりますと、「ロングカーディガン」の丈はどんどんどんどん長くなり、今年はくるぶしくらいまであるものをよく見かけます。この秋は、さらに丈を伸ばしたものを作るべきか?これまた、悩むところです。

 

投稿者: michi

服を作るのが趣味なので、素敵な布屋さんへ行くと興奮します。

「ロングカーディガン(ウールのリブ編みニット)」への2件のフィードバック

  1. 流行もいいけど、車生活には不便かなー、乗降りする際、ドアに挟まらないよう脱ぎ着ぎするのも、面倒だし、こんな考え私だけかな?

    1. 毎度コメントありがとうございます。私だけかな?と仰っていますが、何を着るか、それを着てどう思うかは、果てしなく個人の自由だと思います。なので、好きなものを好きなように着てね、お母さん!

長 よしえ にコメントする コメントをキャンセル